吉方位トップへ戻る

すっごく効く!吉方位

2017年4月の吉方位

%e3%81%99%e3%81%93%e3%82%99%e5%8a%b9%e3%81%8f%e5%90%89%e6%96%b9%e4%bd%8d

*4月5日(水) 17時~19時出発 北東
安定。物事がすんなりいきます。

*4月15日(土) 11時~13時出発 南
財運、仕事運に吉、事業運アップ、積極性が出る、名声を得る

*4月16日(日) 11時~13時出発 北東
企画運、知恵、試験運、文書などに関する吉

*4月23日(日) 19時~21時出発 南西
財運、仕事運に吉、事業運アップ、積極性が出る、名声を得る

*4月26日(水) 19時~21時出発 西
企画運、知恵、試験運、文書などに関する吉

やり方

*自宅を起点に吉方位に約100km(約2時間)の移動をし、目的地に一泊する。

*100kmの移動ができない場合、50km程度でもOK。逆に100kmより遠くても可。だが、時盤と日盤の効果がブレンドされて効率よく出るのは100km程度。なので、100kmの移動をおすすめ。

*宿泊できず日帰りで使用する場合、時盤がよい日を選び50km前後の場所に移動し4時間以上過ごして帰ってくると◎。滞在時間が長いほど吉効果も大きい。

*自宅からの方位がわからない場合は、吉方位を調べるサイト「あちこち方位」を参照。方位線の種類は風水45/45°にあわせ、「偏角は考慮する」にチェック。

ルール

*時間帯はなるべく真中を使う(真中の時間帯とは9~11時であれば10時前後)。
*出発時間は、その方角に向かって大きく動き出す乗り物に乗ったときに合わせる(家を出る時間ではない。もし新幹線を利用するなら自宅最寄り駅の在来線でなく、新幹線の出発時間を合わせる)。
*方位の境目は気が乱れるので、なるべく真ん中に近い場所に行く。
*「静と動の動き」で開運するため、出発してから寄り道をせず、なるべく止まらず目的地まで行くことが大事。
*目的地に到着したらあまり動き回らず一か所にとどまっている時間を長く持つ。
*10時半までに部屋に入り、10時45分までに布団に入り横になる。
*温泉に入って地のものを食べるとなおよし。

効果

時盤の効果は小さく数日から10日ほどで出る。日盤の効果は大きく1か月半から2か月後に出る。表の日時に出発すると数日から10日頃に小さないいことが、1か月半~3か月頃に大きないいことが起きる。

時差

国内でも時差があるので時間を修正すること(下記参照)。
(例)東京は∔19分となるので、出発時間が「9時~11時」の場合、「8時41分~10時41分」となる。

国内時差

札幌 +25分
仙台 +23分
東京 +19分
新潟 +17分
長野 +13分
静岡 +13分
名古屋 +7分
大阪 +3分
岡山 −5分
広島 −11分
山口 −15分
福岡 −19分
長崎 −21分
那覇 −29分
もっと詳しい方位はこちら
奇門遁甲&金函玉鏡吉方位 一年間の情報データダウンロード!